不動産の売買について

住宅や土地をより高く売りたい方へ

3.業者ごとに査定価格に差がある理由


どんなノウハウ本にも
『不動産を売却するときに、複数の業者に物件を査定してもらうこと!』と書いてあります。
しかし、『一番高く査定してくれた業者に依頼しろ』ではなく、『最も信頼できそうな業者に依頼しましょう』と書いてあるのはなぜがか分かりますか?

査定額だけで業者を比較すると、失敗する可能性が高いからです。

逆に、一番高く査定した業者は、なぜ他社よりも高く査定できたのでしょう?

他社にくらべて、売却するノウハウを持っているから?
あなたの物件を見て、本当に価値を高く評価してくれたから?
知名度のある会社だから?
経費をあまりかけていない会社だから?

すべて間違いです。

査定価格というのは、 『これぐらいの価格で売ったらいかがですか?』と、 不動産屋が提案している金額にすぎません。

不動産屋のタイプによって、提案する金額に差があるのは当たり前ですよね。
実際に業者に査定してもらったことのある方なら、それぞれの業者の特徴と、査定額の関係に納得してもらえるはずです。
いろんな業者に査定を依頼して一喜一憂してもあまり意味はありません。
査定価格で一番わかるのはその業者の性格程度のことです。

売却価格は売主が自分で決めればいいのです。
それに逆らう業者はいません。

不動産を売却する理由は人それぞれです。 じっくり構えて、できるだけ高く売りたい方は高めの売出し価格でスタートするのが良いでしょう。
できるだけ早く売却したいという方は、確実に売れそうな売出し価格で始めるのが合っています。

※弊社が提案する査定価格は、3ヶ月程度で成約できると思われる価格です。
但し流通性に乏しい地域や住宅の使用状況、築年数などで、価値はあるものの成約になるまでに時間がかかる場合があります。