ローン返済中の家を売却する前にすることとは?オーバーローン時の売却方法も解説!
2023年11月21日
管理不全空き家のリスクとは?ガイドラインの改正ポイントも解説!
2023年11月29日

固定資産税が高くなるポイントと軽減するための実践的方法を解説!

固定資産税の納税通知書を手に取り、前年と比べて「なぜこんなに高いの」と驚いたことはありませんか。
特に新築住宅を持っている方や、最近家を取り壊した方にとって、この問題は深刻です。
この記事では、固定資産税が高くなる主要な要因と、その軽減方法について解説します。
知っておくべきポイントと対策を掴んで、次年度の税金計画をしっかりと立てましょう。

□固定資産税が高くなるポイントとは?

1.敷地面積の影響
敷地面積が広いほど、固定資産税が高くなることをご存知の方も多いでしょう。
国土交通省が公表する地価公示価格は、土地の面積に直接影響を与えます。
しかし、敷地面積が200平方メートル以下の場合は「住宅用地の特例」が適用され、税額が大幅に軽減されます。
この特例を知らないと、不必要に高い税金を払ってしまう可能性があります。

2.立地条件の影響
立地条件も固定資産税に大きな影響を与えます。
駅や商業施設に近い土地は、その便利さから評価額が高くなり、結果として税金も増加しやすいです。
しかし、土地の形状や傾斜がある場合は、建築に制限がかかるため評価額が下がる可能性もあります。
立地条件の微妙な違いが税額に与える影響を理解することは、賢い土地選びにもつながります。

3.建材や設備のグレード
高品質な建材や設備を使用すると、その分だけ固定資産税も高くなります。
例えば、開閉式の天窓や高性能なシステムキッチン、太陽光パネルなどです。
これらの設備は快適な生活を提供する反面、税金の負担も増加するため、そのバランスを考慮する必要があります。

□固定資産税を軽減する方法と特例

1.住宅用地の特例を活用する
住宅用地には、その面積に応じて税額を軽減する特例があります。
特に200平方メートル以下の「小規模住宅用地」は、固定資産税が大幅に軽減されます。
この特例を活用することで、税金の負担を減らすことが可能です。

2.新築の特例を受ける
新築住宅には、一定の条件を満たすと固定資産税が減額される「新築の特例」があります。
この特例を受けるためには、一定の申告が必要ですが、その効果は非常に大きいです。
新築住宅を計画している方は、この特例を最大限に活用しましょう。

3.評価額の再調査を依頼する
固定資産税の評価に不服がある場合、再調査の申出が可能です。
この申出には一定の期限があり、その期間内に行う必要があります。
不服の理由や根拠をしっかりと整理して、再調査を依頼することで、税額の軽減が期待できます。

□まとめ

固定資産税が高くなる要因とその軽減方法について解説しました。
敷地面積、立地条件、建材や設備のグレードが主な要因であり、それぞれには軽減するための特例や制度が存在します。
これらの情報を活用して、次年度の税金計画をしっかりと立て、無駄な税金を払わないようにしましょう。