固定資産税が高くなるポイントと軽減するための実践的方法を解説!
2023年11月25日
土地越境には時効がある!トラブルを避けるための基本知識と解決手段とは?
2023年12月3日

管理不全空き家のリスクとは?ガイドラインの改正ポイントも解説!

空き家問題は、日本全国で深刻化しています。
特に地方自治体や地域住民、そして空き家を所有しているがその取り扱いに困っている方々にとって、この問題は切実です。
本記事では、空き家のリスクとその背後にある問題、さらには最新のガイドライン改正について解説します。
この記事が、空き家問題に対する具体的な対策や理解の一助となれば幸いです。

□管理不全空き家のリスクとは?

管理を十分に行えていない空き家には以下のようなリスクが存在しますので、気をつけておきましょう。

1.外観と景観の劣化
空き家が放置されると、その外観は年々劣化していきます。
壁には汚れが目立ち、窓ガラスは割れ、庭は雑草で覆われることが多いです。
さらには、放置された庭が野良動物の住処となり、その結果として騒音や悪臭が発生する可能性もあります。

2.犯罪リスクの増加
空き家は、不法侵入や不法占拠のリスクが高まります。
特にホームレスが居住することで、家の中にゴミが散乱する事態が生じることもあります。
最悪のケースとしては、放火による火災が発生する可能性も考えられます。

3.機会損失の発生
空き家が放置されることで、その土地や建物が有効活用されず、機会損失が発生します。
これは、地域の発展を阻害する要因ともなり得ます。
特に、空き家が多い地域では、新たな住宅建設を検討している人々がその地域を敬遠する可能性が高いです。

□空家法基本指針と特定空家ガイドラインの改正ポイント

1.特定空家の対象拡大
改正されたガイドラインでは、特定空家の対象が拡大されました。
具体的には、将来的に保安上や衛生上で危険な状態になる可能性がある空き家も、対象とされるようになりました。

2.所有者の特定が困難な場合の対応
所有者が特定できない場合には、民法上の財産管理制度を活用する新たな方針が示されました。
これにより、市町村長が不在者財産管理人や相続財産管理人の選任を行えるようになります。

3.地域団体との連携強化
地域の空き家対策に取り組むNPOなどの団体との連携が強化される方向であり、これにより専門的な相談がスムーズに行えるようになります。

□まとめ

空き家問題は多角的に考える必要があります。
外観の劣化や犯罪リスク、さらには機会損失といったリスクが存在します。
しかし、最新のガイドライン改正によって、これらの問題に対する具体的な対策が進められているので安心しましょう。
空き家問題に対する理解と対策が進むことで、より良い地域社会の実現につながるでしょう。